LEGO BOOST Scratch

スクラッチ(scratch3.0)とレゴブーストのBluetooth接続方法

スクラッチとレゴブーストの接続方法

こども用プログラミング教育といえば、Scratch(スクラッチ)が有名ですね。

 

LEGO WeDo2.0やMind Storm EV3(マインドストーム)だけでなく、LEGO BOOST(レゴブースト)も接続できます。

 

 

この記事では、スクラッチとレゴブーストの接続方法を解説します。

レゴブーストをお持ちの方は、ぜひ試してみてください。

 

 

こちらもCHECK

スクラッチとレゴブーストでオリジナルゲームを作ろう!【組立説明書付き】
スクラッチとレゴブーストでオリジナルゲームを作ろう!【組立説明書付き】

続きを見る

 

 

 

 

1. Scratch Link (スクラッチリンク)のインストール

Scratch Link (スクラッチリンク)のインストール

Scratch Link (スクラッチリンク)をパソコンにインストールすることで、

レゴブーストと、パソコンをBluetoothで接続できるようになります。

 

 

以下のリンクから、スクラッチリンクのインストールを行なってください。

https://scratch.mit.edu/boost

 

 

OS選択ボタンがありますので、今使っているOSを選ぶと、インストール先へのリンクが表示されます。

↓macの場合

Scratch Link (スクラッチリンク)のインストール

 

 

↓windowsの場合

Scratch Link (スクラッチリンク)のインストール

*Microsoft Storeからダウンロードする場合、最新版にならない場合がありますので、「ちょくせつダウンロード」をお勧めします。

 

 

インストールができたら、起動して、ツールバーにSマークが表示されていることを確認してください。

macの場合 画面上のツールバーにSマークが表示されます。
Scratch Link (スクラッチリンク)の有効化

 

windowsの場合 画面下のツールバーにSマークが表示されます。
Scratch Link (スクラッチリンク)のインストール

 

ツールバーに表示されたら、スクラッチリンクの設定は完了です。

 

 

 

2. スクラッチとレゴブーストのセットアップ

スクラッチとレゴブーストのセットアップ

まず、Scratch(スクラッチを開きます。

スクラッチ:https://scratch.mit.edu

 

右上の「つくる」を押してください。

スクラッチとレゴブーストのセットアップ

 

 

プロジェクトが開かれますので、右下の「拡張機能を追加」するボタンをクリックしてください。

スクラッチとレゴブーストのセットアップ

 

 

 

 

拡張機能を選択する画面が開きます。「LEGO BOOST」をクリックして接続しましょう。

スクラッチとレゴブーストのセットアップ

 

 

 

 

「検索を開始」をクリック

スクラッチとレゴブーストのBluetooth接続

 

 

 

ムーブハブの緑ボタンを押してください。

スクラッチとレゴブーストのBluetooth接続

 

 

 

接続されました。

ムーブハブのLEDが青く点灯すればOKです。

スクラッチとレゴブーストのBluetooth接続スクラッチとレゴブーストのBluetooth接続

 

 

簡単ですね!

 

 

 

うまくいかないときは・・・

BluetoothをONにしても、接続がうまくいかない場合、パソコンのOSを確認してみてください。

対応OSは下の通りです。

スクラッチとレゴブーストのBluetooth接続条件

OSの確認方法

macの場合・・・・・Apple公式ホームページ
windowsの場合・・・Microsoft公式ホームページ

 

 

それでもうまくいかない時は

  • レゴブーストの電源をOFF→ON
  • アプリ再起動
  • PC再起動

 

どれかでつながると思います。

つながらなかったらTwitterからDMください。対応いたします!

 

 

 

 

3. スクラッチでレゴブーストを動かしてみる

スクラッチでレゴブーストを動かしてみる

レゴブーストとスクラッチの接続が完了すると、BOOSTコマンドが選択できるようになります。

接続時は、右上に緑色のチェックマークが表示されますよ。

 

モーターを動かすコマンドを押して、レゴブーストのモーターが動けばOKです!

 

 

スクラッチでレゴブーストを動かしてみる

倒されると駄々をこねる、「だだこねる君」を作ってみました。

1歳半の息子が大喜びでした笑

 

 

  • モーターの「速度・時間・向き」の制御
  • ループ制御
  • 傾きセンサーの制御
  • 割り込み処理
  • LEDの色変更

を使っています。

 

スクラッチでレゴブーストを動かしてみる

 

いろいろできますね。

 

 

*追加*

玉転がし装置も作ってみたよ!組立図面つきなので試してみてね☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

miorobo(@miorobo55)がシェアした投稿

レゴブーストで作るオリジナルロボット【玉転がしの作り方】
参考レゴブーストで作るオリジナルロボット【玉転がしの作り方】

続きを見る

 

 

 

 

遊び終わったら、右上の緑色のチェックマークから、「せつだんする」を押して接続を解除できます。

電池の消耗が早いので、使わない時は切断しておきましょう

スクラッチとBluetoothの接続解除

 

以上スクラッチとレゴブーストの接続方法でした。

みなさんも何か作ってみましょう!!

 

 

 

 

スクラッチとレゴブーストのプログラミング作品事例

 

 

 

 

 

他にもたくさんあるので、Twitterもみてね!

 

 

 

 

 

 

レゴブースト、コスパいいのでオススメですよ!
私はAmazonで18000円くらいの時に購入しました。

 

 

こちらもCHECK

レゴブーストの作り方とプログラミングブロックの説明書
【無料説明書】レゴブーストのプログラミングブロックと作り方の説明書【日本語PDF】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みおろぼ

一児のパパです。 レゴブーストを使ったプログラミング教育について発信しています。 ロボット楽しさを知ってもらう「きっかけ」になればと思います!

-LEGO BOOST, Scratch

Copyright © みおろぼ! All Rights Reserved.